痩せる油?MCTオイルとは

北千住パーソナルジム FaM gymです!

CMでも目にする機会が多くなったMCTオイルについてご紹介いたします!油なのに摂って問題ないか?太ったりはしないか?疑問に思っている方も多いかと思います。ダイエットの際に利用される事が多いですが、どのような効果があるのか、摂取方法等、解説いたします!

MCTオイルとは

MCT(Medium-Chain Triglyceride)とは、ココナッツや母乳、牛乳等に多く含まれることで知られる「中鎖脂肪酸」を指します。MCTオイルは、その中鎖脂肪酸が100%のオイルの事であり、これまでは、医療現場で主に活用されてきました。また、ココナッツオイルには60%の中鎖脂肪酸が含まれています。

脂肪酸について

短鎖脂肪酸中鎖脂肪酸・長鎖脂肪酸

私たちが普段摂取している油は、上記の3つに分けられ、これらは分子構造の違いにより分類されます。中鎖脂肪酸は、長鎖脂肪酸に比べ、分子の長さが短いため、水になじみやすいという特長をもちます。それにより、水に溶けやすい糖と同様に、小腸から門脈を経由し直接肝臓で分解されます。長鎖脂肪酸は、小腸から消化吸収されたのち、リンパ管や静脈を通り、脂肪組織、筋肉、肝臓に運ばれ、必要に応じ分解、貯蔵がされます。
上記のように代謝の経路が異なるため、MCTは他の油に比べて、約4倍も速く分解がされ、短時間でエネルギー化が起こる特徴があります。

期待される効果

体重減少・体脂肪蓄積阻害効果

前述の通り、MCTオイルは、短時間でエネルギー化が起こりやすい為、体脂肪として蓄積される事を防ぐ事が出来ます。また、いくつかの研究によって、オリーブオイル摂取群と比較した際に、MCTオイル摂取群は体重を減少させる効果が高いという結果が報告されています。

認知症(アルツハイマー病)の予防・改善

MCTは、長鎖脂肪酸と比較して、ブドウ糖に代わるエネルギー源である『ケトン体』を10倍以上多く作り出す事が分かっています。 ケトン体は、ブドウ糖をエネルギー源として上手く利用できなくなった認知症の脳の代替エネルギーとして使われます。MCTの投与により、軽度~中程度の認知症の症状を改善したという報告もあがっています。

摂取タイミング

タイミングは自由

MCTオイルは、特定のタイミングで摂らなければいけないという事はないので、朝、昼、夜、と好きなタイミングでライフスタイルに合わせて摂取してみてください。

摂取量について

約5~10gで効果が出たとの研究結果がある為、まずはこの量を基準として摂取してみてください。

※人によっては、下痢や腹痛を起こす事がある為、その場合は少量から始め、徐々に増やしていきましょう。

※MCTオイルは直接加熱はせず(発煙点が低く調理に向きません。)、料理や飲み物に混ぜるようにしましょう。

MCTオイル+バターコーヒー

最近はこの組み合わせの事を「完全無欠コーヒー」と呼ぶ事もあるらしいですね!MCTオイルは基本的には、どのようなものにでもかけて摂取して問題ないのですが、コーヒーが飲める方にはお勧めの摂取方法です!MCTオイルとコーヒーのみですと、お腹が緩くなる方がいるのですが、バターを混ぜる事によりその作用を抑える事が出来るので是非試してみてください。

【作り方】
  • コーヒー…1杯
  • MCTオイル…小さじ1~大さじ1杯
  • バター…小さじ1~大さじ1杯
  • お好みで甘味料のラカントやパルスイート

上記混ぜ合わせるだけで簡単に作る事が可能です!

まとめ

MCTオイルは現在は、様々な会社から販売されているので、入手もしやすく、生活に組み込む事が可能です。ダイエットにも効果的ですので、是非今回の記事を役立ててみてください!

ご予約・お問合わせは「お電話」または「24時間受け付けの専用フォーム」より承ります。
【営業時間】OPEN 10:00 - CLOSE 22:30
東京都足立区千住 1丁目18番地14号 OM.S 101  アクセス
年齢と共にたるんできた体を引き締めたかったのと、運動不足を解消したかったので、池...

運動嫌いでジムでトレーニングなんて続くはずも無いと思っていましたが、池田さんのお...

年齢や体力に合わせて細かく丁寧に指導してくれます。 スポーツジムではなかなか継続...

回数を重ねていくうちに重さをつけたトレーニングが出来るようになったり、出来なかっ...

40歳を過ぎて、私は筋力の低下と体重の増加を感じ、ジムに通う事を決心しました。そ...