コーヒーの知られざる効果

北千住パーソナルジム FaM gymです!

仕事前や、休憩中、集中したい時など、様々なタイミングで飲まれるコーヒー。人生において欠かせない方も多いのではないでしょうか。嗜好品としてだけでなく、様々な健康効果が期待されるコーヒーについて今回はご紹介いたします!

コーヒーとは

コーヒーとは、コーヒーノキから採れる果実の中にある種(コーヒー豆)から作られます。果実の種を焙煎することで、私達がよく知るコーヒー豆となります。焙煎や抽出方法によって風味や味が異なる為、嗜好品としても世界で愛されています。

期待される効果

覚醒作用

コーヒーといえば眠気覚まし!と言われるくらいに有名な効果なのではないでしょうか。人間が活動している際には、脳は興奮しており、アデノシンといわれる物質が分泌されています。アデノシンには興奮状態を緩和させる働きがありますが、コーヒーに含まれるカフェインには、アデノシンを抑制する働きがあります。要するに、興奮の歯止めを一時的に効かなくさせる事により、眠気覚ましや、疲労軽減、覚醒効果が期待されます。

脂肪燃焼効果

体脂肪が分解される際には、脂肪細胞が分解され、脂肪酸が血液中に放出されます。コーヒーに含まれるカフェインには、その分解の作用を高める効果がある為、脂肪燃焼を促進してくれます。

心疾患・動脈硬化の予防

動脈硬化が起きる主な要因は、酸化してしまった悪玉コレステロールが血管壁の中に溜まり、血液の通る道を狭めてしまう事です。コーヒーに含まれるクロロゲン酸(ポリフェノールの一種)は、疾患の原因とされる酸化が起こらないように、活性酸素を除去する抗酸化作用があります。

肝臓がんの予防

国立がんセンターの研究では、毎日コーヒーを飲む人は、そうでない人に比べて肝臓がんの発生リスクが半減する。との研究結果を出しています。カフェインによるものではないかとされていますが、現在も研究が進められているようです。

摂取タイミング

運動前

脂肪燃焼効果を促す場合には、運動30分前に摂るようにしましょう。このタイミングであれば、カフェインの効果が出ている最中に運動を行え、効率良く脂肪を燃やせます。

集中したいタイミング

覚醒作用をもたらしたい場合には、希望の時間から約30分前に摂るようにしましょう。例えば、朝一で会議がある場合は、朝食の際に摂っておくと良いですね。効果時間は個人差がありますが、約4時間程と言われています。

好きなタイミング

健康効果を期待する場合には、特に決まったタイミングはないので、お好きな時間に摂るようしてください。

摂取量について

1日の摂取量は、成人であれば、約3~5杯とされています。カフェイン量では、300~400mg程度。コーヒー100mlあたりのカフェイン量が60mgなので計算しながら摂取しましょう。日本での規定はありませんが、欧州連合(EU)の欧州食品安全機関(EFSA)では、健康を維持する為に望ましいとされているのが、1日のカフェイン摂取量400mgまで、1回の摂取は200mg以下と定められています。

運動時には体重1kgあたり0.2mgを摂取すると効果が期待されます。

注意点

睡眠阻害を起こす

寝る前などに摂取してしまうとカフェインの効果により、覚醒作用が続き、睡眠の阻害になります。睡眠の4時間前までには摂取を控えましょう。

過剰摂取

健康には良いものの、何事も摂り過ぎはいけません。目安量を超え摂取を続けると、強い倦怠感、吐き気、頭痛などを引き起こします。その場合は、一度摂取をやめ、様子を見るようにしてください。

肝機能機能の弱い方

肝機能の弱い方は、カフェインの分解が遅くなる為、摂取するのであれば注意が必要です。

妊婦の方

妊婦の方は、カフェインを摂る事により、胎児に影響が出るとされています。現在では、200mg程度であれば問題ないとされているようですが、念の為に避けておいた方が良いかと思われます。

まとめ

コーヒーには、眠気覚ましだけではなく様々な効果が期待されます。初めて聞いたという内容もあったのではないでしょうか。他に、コーヒーには匂いにリラックス効果があるようです。学生時代、職員室に行くと、妙な安心感があったのはコーヒーの匂いのせいかもしれませんね。是非、今回の記事を参考にしてみてください!

ご予約・お問合わせは「お電話」または「24時間受け付けの専用フォーム」より承ります。
【営業時間】OPEN 10:00 - CLOSE 22:30
東京都足立区千住 1丁目18番地14号 OM.S 101  アクセス
年齢と共にたるんできた体を引き締めたかったのと、運動不足を解消したかったので、池...

運動嫌いでジムでトレーニングなんて続くはずも無いと思っていましたが、池田さんのお...

年齢や体力に合わせて細かく丁寧に指導してくれます。 スポーツジムではなかなか継続...

回数を重ねていくうちに重さをつけたトレーニングが出来るようになったり、出来なかっ...

40歳を過ぎて、私は筋力の低下と体重の増加を感じ、ジムに通う事を決心しました。そ...